腰痛にお悩みの方
こんなお悩みありませんか?
  • 定期的にギックリ腰を繰り返してしまう。

  • お仕事や家の中で一定時間座っていると痛みが出てくる。

  • 腰を屈めようとすると痛みが走る。

  • 朝起きた際に腰に痛みがある。

  • 腰が痛くて湿布や痛み止めが手放せない

腰痛

腰痛 腰痛を放っておくとどうなるのか

「腰痛」は私たちにとって身近な症状のひとつです。家事や育児などをしていると、どうしても前屈みの姿勢になってしまい、腰痛などの症状が起こりやすくなります。また、デスクワークや在宅勤務の普及に伴い、長時間座りっぱなしの状態が続くことで、全身が凝り固まってしまうといったケースも少なくありません。

腰痛を自覚しても「年のせいだろう」「数日たてばよくなるだろう」と見過ごし、市販の湿布や塗り薬で対応しがちです。しかし、なかには単なる腰痛ではなく、重篤な病気が潜んでいることもあります。

腰痛の原因には2種類あり、「特異的腰痛」「非特異的腰痛」があげられます。

「特異的腰痛」とは、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎圧迫骨折・脊椎炎がございます。「非特異的腰痛」とは、筋・筋膜性腰痛・椎間関節性腰痛・仙腸関節性腰痛・椎間板性腰痛・心因性腰痛、または、加齢や生活習慣、心理的要因によって起こる腰痛があり、ストレス・抑うつ・筋力低下・冷えや凝りによる血行不良・運動不足などの関連も大きくあります。このように、腰痛の原因はさまざまです。
治療や対策を行う前に、まずは自分の腰痛がどのタイプに当てはまるかを知ることが大切ですが、実際は腰痛患者の8割以上が「原因不明」とも言われています。

これは、必ずしも画像検査の結果と症状が結びつかないことや、不安・ストレスで自律神経や脳の働きに不具合が生じ痛みに対する過敏性が高まるなど、視覚的に「この部位に異常がある」と特定できないものが多いためです。

腰痛をほおっておくと、特異的腰痛のように危険な腰痛の場合もございますし、筋肉に硬結といって固くしこりのようなものが出来てしまい、関節拘縮といって動きが制限されてしまいます。スポーツではパフォーマンスがさがり、趣味でやりたいことも出来なくなってしまいます。さらには日常生活で支障が出て立ち上がることさえ苦痛になります。

原因がはっきりせず、様子を見る方が多い腰痛ですが、なるべく早く治療を受け、異常サインを見逃さないことが大切です。

AdobeStock_370922867

当院での腰痛の改善方法

その場しのぎではなく根本からの改善を目指した施術を実施

実績多数の整体院として、現在抱えているお悩みを根本的改善へと導くために、歪んでしまった身体のバランスを調整するための施術を行います。
どんなに痛みが出ている箇所をもみほぐしても、根本にある原因が改善されなければ、また同じような症状が再発してしまいます。だからこそ、表面上のケアではなく、お客様自身の手では届かない深層部までしっかりと伸ばしていき、決してその場しのぎではない健やかな身体づくりに貢献いたします。病院では原因不明と言われてしまったお悩みも、長年の経験で培ったノウハウを惜しみなく発揮し、全身の歪みを整える整体サービスをご提供いたします。まずはAIシステムを活用して姿勢分析を行い、早期の改善を目指してまいります。

施術の流れ
STEP

ヒアリング

身体の不調やお悩みの症状をお伺いいたします。

ヒアリング
STEP

AI姿勢分析

AI姿勢分析を使用し、身体の歪みや未来姿勢を可視化します。

AI姿勢分析
STEP

ストレッチ

自身では手の届かない深い筋肉にアプローチし、身体の歪みや姿勢を整え、全ての悩みを解消します。

ストレッチ
STEP

筋膜リリース

最新機器で筋肉を緩ませ、可動域・筋肉の緊張・痛みを改善します。

筋膜リリース
STEP

ビフォーアフター

ストレッチ前と後での柔軟性の変化を確認していただきます。

ビフォーアフター
STEP

アドバイス

ご自宅で行えるケアを身体の状態に合わせてアドバイスします。

アドバイス
腰痛についてのブログ
腰痛
女性必見!冬の腰痛撃退!=東村山で整体院をお探しの方へ=